ベビーベッドは色々なメリットがあり環境によっては必需品となるので通販で選ぶ

赤ちゃん用品

ベビーベッドは必ず必要か?

出産準備品リストに必ずと言って良いほど掲載されているベビーベッドですが「必要かなぁ?」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。ベビーベッドには勿論色々なメリットがあります。そして、環境によっては必需品となる物になってきます。
産まれてから寝返りがうてるようになるまでは、赤ちゃんは自分では動けないので一人目の赤ちゃんの場合ベビーベッドはなくても十分対応出来ますが、兄弟がいる家庭やペットを飼っている家庭では、赤ちゃんが踏まれてしまうことや、兄弟にむやみに抱っこされて落とされる心配がありますのであるととても便利です。そして寝返りをうつ頃や捕まり立ちが出来る頃になるとあちこちの物を触り出し目を離せなくなりますので、そう言った時にもベビーベッドがあると便利です。
ベビーベッドは場所も取るし組み立ても大変、不要になった時に邪魔だとお考えの方も多いと思いますが、ベビーベッドの下段はベビー服やベビー用品を置く事が出来るので着替えや押し目オシメ変えの時も楽にできますし、最近ではとても軽くワンタッチで組み立てが出来る生地製品のベッドもあります。そして、高いお金を使って購入しても一定期間しか使わないし……と思われている方は便利なレンタルもありますので必要な期間レンタルするのも良いと思います。勿論、絶対になければならない物ではありませんが、トータル的に考えるととても便利なベビーグッズではないでしょうか。

ベビーベッドを購入して不安を解消しよう

もうすぐ赤ちゃんが生まれる、という時期は悩み事が多く、ベビーベッドを購入するべきかどうかもその中の一つだと思います。そんな方々に向けて、ベビーベッドを購入した際のメリットを2点ほど挙げていくことにしましょう。
まず一つ目は、赤ちゃんを目の届く高さに置いておけることです。
産後は、一日の大半を寝て過ごす赤ちゃんへ常に目を配らせながら家事を行わなくてはいけません。これが中々大変なことで、洗濯や掃除ならばある程度は融通が利きますが、料理となるとそうもいきません。料理中にキッチンからリビングを確認することはできても、床まで見渡すことはできません。布団を敷いて寝かせた場合は、キッチンから見た時に目線の外へいってしまうのです。そんな場合でもベビーベッドを使用すれば、ある程度の高さに赤ちゃんがいますので、しっかりと目で確認しつつ料理ができます。
二つ目は、赤ちゃんをだっこする際の腰への負担が減ることです。ベビーベッドを必要とする1歳頃までの赤ちゃんはよく泣きます。泣いている姿もまた可愛い時期ではありますが、そのたびにだっこをしてあやしてあげることがお母さん方の腰への負担にもなります。同時に、床でのおむつ替えも意外と腰に負担がかかる行為で、これらが積み重なっていくと相当なストレスとなってしまいます。ベビーベッドを使用することで、こういった腰痛へ繋がるリスクを軽減することができるようになるでしょう。

ベビーベッドの上手な選び方

出産準備で買うものの中でも大きなグッズの一つ、ベビーベッド。今はさまざまなブランドのものがあり、何を選んだら良いか分かりにくいため、失敗しやすいグッズでもあります。買ってから後悔しないように、以下のことに注意して選ぶようにしましょう。
まず、部屋の間取りにあった大きさか?標準サイズのベビーベッドは1畳弱のスペースが必要になります。届いてから置けなかったとならないためにもしっかりサイズを確認してから買いましょう。部屋が狭い場合は、ひと回り小さいミニサイズのベビーベッドもありますし、使わない時に折りたたみ出来るタイプのものもあります。また、安全基準をクリアしているか?ベビーベッドで一番心配なのは、赤ちゃんの落下事故です。柵の隙間が開きすぎていないか、落下防止の装置がきちんとついているかなどをきちんと確認しましょう。判断に迷う時は、安全基準をクリアしたPSマークやSGマークがついた商品を選ぶのがオススメです。最後に、添い寝出来るタイプか?親が寝ているベッドに並べて置いて、柵を下げると添い寝が出来るタイプがあります。赤ちゃんだけで寝かせるのがちょっと心配という人にはオススメですし、赤ちゃんがぐずった時にもすぐにあやせるので便利です。


子供が生まれるまえにベビーベッドを通販で選ぶようにしましょう。子供の成長にベビーベッドはなくてはならないものです。安全性も抜群に高まりますのでおすすめです。生まれてからではなにかと時間がなくなるので、生まれるまえに選んでおくというのがポイントです。

Update Information

2016年12月27日

ベビーベッドを購入する前に注意すべきこと

赤ちゃんを迎える前に用意しておきたいベビーベッド。デザインや可愛さももちろん大事ですが、大きさや使い勝手も非常に大事です。このあたりに注意して購入しないと、ベビーベッドがただのインテリアになってしまい、まったく意味がなく、結局あまり使わなかったということになってしまう可能性があるのです。まずベビーベッドは、置く場所、つまり配置やサイズを考えて購入しないと、結構場所をとるものなので、事…

2016年12月27日

ベビーベッドは新生児の1番過ごす場所

赤ちゃんが生まれてくる前に、ワクワクして購入される方が多いベビーベット。赤ちゃんが寝ている姿を想像しながら予定日を待ち望んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。生まれてからしばらくは1日の大半をベビーベットで過ごすことになる赤ちゃん。清潔はもちろんですが、安全面にも注意が必要です。説明書通り使っていれば事故や怪我に繋がることはないかと思います。ちょっとした気の緩みや大丈夫だろうという気…

2016年12月27日

ベビーベッドを利用する5つのメリット

ベビーベッドの魅力としては次の5つの点が挙げられます。1つ目は地面のホコリなどを吸い込んでしまうのを防ぐことが出来る点です。じゅうたんや畳から高い位置にあるので、ちりやほこりなどを赤ちゃんが吸い込んでしまうのを防ぐことができます。2つ目は湿気を逃がしやすく、大人が歩いたときの振動も伝わりにくくなります。ベッドだと布団にこもりがちな湿気が逃げやすくなり、傍を大人が歩いたときの振動も伝わ…

2016年12月27日

ベビーベッドを使う際に必要な5つの寝具

ベビーベッドを利用する際には、次の5つの寝具を用意する必要があります。1つ目はベビー布団です。様々な素材のものがありますが、肌への優しさを考えた場合には、オーガニックコットンの素材であれば適度な硬さと肌への優しさがあるのでおすすめです。2つ目はマットレスです。ベッドの板の上に直接布団を敷くとどうしても布団が硬くなるので、マットレスをベビー布団の下に敷いてあげる必要があります。3つ目は…